トリキュラーの写真

ピルというと、一番多く耳にするのがトリキュラーという、毎日1錠ずつ服用する低用量ピルですね。トリキュラーはその効果と、値段の安さから特に若い女性からの支持を得ています。

ピルやIUDを使用もコンドームがエチケット

今までは避妊といえば男性が主導で、女性の体内に精液が入らないように工夫するやり方が基本でした。
一部ではペッサリーや殺精子剤のような女性の体内で避妊をする方法もありましたが、基本的には男性任せになってしまうものでした。
ところが最近では誰でも簡単にピルを手に入れることができるようになったので、女性側が主導となって避妊をすることができるようになり、IUDと言った女性の体内に避妊具を埋め込む方法もあり男性に任せるよりも高い確率で避妊をすることができるようになったのです。

その結果として女性としては望まぬ妊娠の確率を大幅に低下させることができるようになったので、女性にとっては安心して性行為をすることができるようになりました。
男性側からしても避妊のことでヒヤヒヤせずに済むのでメリットがあるのですが、女性側で避妊をしているからといっていきなり生で性行為をするというのはエチケット違反であり、女性側で避妊をしているからといって勝手に生で行為に及ぼうとはせずにコンドームをつけるようにしましょう。
コンドームは避妊のためだけでなく、性病予防にも効果がありますから性病のことを考えれば妊娠をしないからといって、コンドームをつけないという選択肢はありません。
女性側が思い切り直接肌を触れ合わせて性行為がしたいと持ちかけてきたのであれば、相手の好意を受け入れるのも悪くはないでしょうが、男性側が勝手な判断でそのまま性行為をするというのはエチケットに反することとなってしまうのです。
特に男性というのは避妊に対して考え方が甘い傾向にありますから、女性側が避妊をしているからといって勝手に生で性行為をしようとするのは慎む必要があります。