トリキュラーの写真

ピルというと、一番多く耳にするのがトリキュラーという、毎日1錠ずつ服用する低用量ピルですね。トリキュラーはその効果と、値段の安さから特に若い女性からの支持を得ています。

ピルの服用には胃に不調が出るリスクもある

望まない妊娠を避けるため、女性が自ら実践できる避妊法として高い効果を発揮しているのが、経口避妊薬である低用量ピルです。従来の中用量ピルと比べてホルモンの配合量が抑えられており、その分身体への負担を軽くしながら避妊効果を得ることができる優れた薬です。ただ、あくまでも薬である以上は副作用が発生するリスクを考えなければなりません。

ピルを飲んだ場合の副作用としては、まず第一に胃の不調が挙げられます。吐き気や胃の不快感などを感じる人も多く、実際に嘔吐してしまうケースも珍しくありません。このような症状は、ピルによって体内のホルモンバランスが強制的に変化させられたことに身体が慣れていないために起こることが多く、3ヶ月ほど継続していれば徐々に身体が順応して発生しなくなっていきます。慣れるまでは体調が優れず辛い思いをすることもありますが、しばらく続けてみるようにしましょう。もし3ヶ月以上経過しても相変わらず胃の不調などを感じる場合は、その銘柄が体に合っていないことや他の婦人科系の疾患が影響している可能性があるので、出来るだけ早く医師に相談しましょう。また、発生頻度は非常に稀ですが、血栓症を発症しやすいという副作用もあります。ピルには血液を固まらせやすくする成分が含まれており、この影響で血管の中に微細な血の塊が詰まりやすくなるのです。長い間喫煙などをしていて血管が縮小したり血液がドロドロになっている人の場合、この血栓症のリスクが非常に高くなります。もし血の塊が心臓や脳といった重要な器官の血管を塞いでしまえば、脳卒中や心不全といった非常に重大な疾患の原因にもなってしまいます。

ピルは効果が高い反面こういったリスクもあるので、服用する場合はしっかり考えてから決めましょう。